メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

安平老街五四三

更新しました:2021-02-18

123

安平老街五四三

情報

日数 1日ツアー

行楽シーズン オールシーズンズ

紹介

台南安平老街はオランダ人が安平に初めて建設した通りで、「台湾第一街」や「延平老街」とも呼ばれています。当時、オランダ人は安平に寛街(現在の効忠街辺り)、新街(現在の延平街辺り)、窄街(現在の中興街辺り)の東西に延びる3本の碁盤目状の通りを建設し、格子状の集落の区画を計画しました。安平老街を散歩すると、魔除けの剣獅、洋館、廟など300年以上の歴史の足跡を見ることができます。安平老街を巡り、かつての風雅を感じながら、安平蝦餅(エビせんべい)、牛肉湯(牛肉スープ)、蚵嗲(牡蠣のかき揚げ)など伝統的な食べ物を味わうなど、盛りだくさんの日帰り旅行体験となるでしょう。

ルート: 安平ビジターセンター→観音街→安平観音亭→剣獅埕→上横街→新街→平生路→寛街→窄街→剣獅花巷→安平蚵灰窯文化館→三霊殿→壺巷→北街→胭脂巷→海山館→安平郷土文化館→茉莉巷→延平街/古堡街交差口

観音街、安平観音亭
観音街は通りにある観音亭に因んでその名が付けられました。観音亭は安平四大公廟の一つで、その金碧輝煌たる姿が人々に深い印象を与えています。仏の後光のように何百年もの間、地元の人々を照らし、守っています。観音街には三合院の建物、サンゴ礁で作られた石壁、伝統的な食べ物、名産品などがあり、立ち寄って楽しむ価値があります。
安平觀音亭
剣獅埕
剣獅埕は安平文化創意園区にあり、安平で魔除けの意味をもつ「剣獅」がテーマとなっています。園内には「主題館(テーマ館)」「童玩館(子供館)」「扇子館」があり、剣獅や安平地区の歴史や文化を紹介しています。また、台湾の伝統的なおやつや食べ物もあり、ローカルな台湾を体験することができます。

営業時間:
平日10:00~18:30
休日10:00~20:00
劍獅埕
寛街、窄街、新街
新街、寛街、窄街は東西に平行に延びる3本の古い道で、オランダ統治時代に、ゼーランディア城の城下町にあった道です。寛街は当時、道幅が2~3メートルもあったため、寛街と名付けられました。清代の朱一貴の乱で安平の軍民が朝廷に協力し、乱を平定したことから、清朝政府が安平鎮を効忠里という名に改め、寛街も「効忠街」と呼ばれるようになり、現在もその名で呼ばれています。

窄街は現在の中興街で、かつてはレンガで舗装されていたため、安平人は「磚仔街(レンガ通り)」とも呼んでいました。新街は現在にぎやかな延平街で、寛街、窄街、北街の後に建設されたため、新街と名付けられました。バラストで舗装されており、平らで通行しやすい「石板街(石畳の通り)」となっています。清朝、日本統治時代になると、安平で栄えた街区となり、「市仔街」と呼ばれるようになりました。

剣獅花巷
剣獅花巷は現在の中興街六巷にあり、建物の壁は剣獅や花のパブリックアートで装飾されています。それぞれの剣獅の後ろにある1本の花が、猛々しい剣獅に親近感を与えています。文化的な雰囲気の色濃い通りとなっています。

安平蚵灰窯文化館
安平はオランダ統治時代からすでに蚵灰産業(牡蠣の殻をセメント代わりに用いる)があり、蚵灰は造船や住宅の建設になくてはならない材料でした。また、蚵灰窯は当時の重要な建材製造所でした。昔から残されている蚵灰窯跡は蚵灰窯文化館の隣にあります。台湾で唯一完全に残されている蚵灰窯があり、台南の市定古跡に指定されています。安平蚵灰窯文化館を参観し、蚵灰やその応用について理解することができます。

営業時間:
火~日08:30~17:30
月曜休館
安平蚵灰窯文化館
壺巷
壺巷は現在の安北路121巷15弄にあります。安平ではさまざまな磁器の壺が発掘され、それらの壺は「安平壺」と呼ばれるようになりました。壺巷の建物の壁にはカラフルな壺が飾られ、安平のことわざなどが刻まれて安平らしさにあふれています。ゆっくり歩きながら楽しめる場所です。

胭脂巷、茉莉巷
胭脂巷と茉莉巷は地元の住民の手により再建された美しい通りです。古風な趣のある赤レンガの建物と緑の植物が心地よく、路地に足を踏み入れると、安平の静かな景色を感じることができます。

海山館
海山館はもともと清朝の官兵の住居でした。日本統治時代に民間住宅となり、現在は台南の市定古跡に指定されています。海山館は現在に残る安平最大のレトロ建築で、伝統的な閩南建築、屋根、窓から古風な趣を感じることができます。また、さまざまなスタイルの安平剣獅を見ることができ、安平の古跡巡りで見逃せない観光スポットです。

営業時間:
火~日09:00~17:00
月曜休館
海山館
安平郷土文化館
安平郷土文化館は日本統治時代に小学校の校長の宿舎として建てられた日本風の古い邸宅で、現在は展示館として使用されています。不定期でさまざまな芸術作品の展示会や文化創作活動を開催し、安平の文化を盛り上げています。

営業時間:
火~金10:00~12:00、14:00~18:00
土日10:00~18:00
月曜休館
安平鄉土文化館
👉DMダウンロード
Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)